眼科

開設から20年、「地域に根ざした医療」を目標に一歩一歩前進を続けています

当院の眼科は1999年に常勤医師1名にてスタートし、現在で約20年の歴史を刻んでいます。この間、県内および近隣の眼科医や診療施設より数多くのご紹介を頂く中で、紹介患者数、手術件数とも増加しております。白内障手術はもとより緑内障手術件数は県内有数です。近年は網膜硝子体手術の増加しており、手術成績を踏まえ、地域からの信頼を得ている証しであると考えております。

2021年4月より愛媛大学前学長であった大橋裕一先生をお迎えし、常勤医は4名となりました。看護師、視能訓練士それぞれ4名、2名の医療クラークが診療を補佐する中で、完全予約制のもとでスムーズな外来診療となるよう努力しています。今後とも、患者さまの立場に立った専門医療を提供し、「地域に根ざした眼科診療」をモットーに前進を続ける所存です。

愛媛大学医学部眼科学教室のスタッフの支援のもと、アイセンターとして幅広い疾患に対する診療を提供します

2008年、当院は眼科医療の発展に貢献することを目的に、「視機能再生学講座・南松山病院」を愛媛大学医学部眼科学教室に設置しました。当院の眼科は、この寄付講座のサテライト診療拠点に位置づけられています。大学と連携することで、特定の専門領域については大学より経験豊かな専門医を招聘し、専門性の高い外来診療や手術を定期的に行っています。本年度からは、愛媛大学眼科との連携をより緊密なものとし、アイセンターとしてスタートを切りました。今後、診療体制の幅を広げ、センター機能を高めていく予定です。

紹介件数

紹介件数の推移
紹介件数の推移
2012年261
2013年285
2014年495
2015年519
2016年562
2017年636
2018年679
2019年700
2020年578

(単位:件)

眼科手術件数

 白内障緑内障硝子体眼瞼その他
2012年4155444--
2013年4126249--
2014年48887114--
2015年59867137--
2016年62475157-23
2017年68785188-32
2018年744114178-38
2019年819732112034
2020年859592104048

(単位:件)

抗VEGF薬硝子体注射

2014年120
2015年277
2016年314
2017年369
2018年387
2019年430
2020年553

(単位:件)

代表的な対象疾患

1. 白内障
2. 緑内障
3. 角結膜疾患
感染性角結膜炎、アレルギー性結膜炎、ドライアイ
4. 網膜疾患
糖尿病網膜症、網膜剥離、加齢黄斑変性、網膜動静脈閉塞症、黄斑前膜、黄斑円孔
5. ぶどう膜炎
サルコイドーシス、Behcet病、原田病など
6. 斜視・弱視
7. 外傷

南松山病院で診療を提供できる病気をご紹介します

1.白内障

水晶体の濁りを主徴とする最もポピュラーな目の病気です。原因のほとんどは加齢変化ですが、糖尿病や外傷、アトピー性皮膚炎やステロイド薬の使用などでも起こります。白内障が進行すると「ものが見えにくい、かすむ、物がぼやける、まぶしい、ものが二重に見える」などの様々な症状が現れますが、生活上、見え方に不自由を感じるようになれば白内障手術(水晶体再建術)を行います。

所要時間は10〜15分程度であり、超音波装置を使用して極めて小さな切開創から水晶体を覆っている袋(水晶体嚢)を残して濁った水晶体を取り除き、残った水晶体嚢に人工の眼内レンズを入れます。希望があれば、日帰り手術の実施も可能なのでご相談ください。

水晶体を支える靱帯(毛様小帯)が非常に弱く、水晶体嚢が残せないような難治な白内障症例がまれにあります。このような目に対して、このような症例に対しては眼内レンズ強膜内固定術を積極的に行っております。

2.緑内障

提供:参天製薬株式会社

緑内障とは目に入る光の情報を脳に伝える働きをする「視神経」が障害される病気です。わが国の成人の失明原因の第1位を占めており、40歳以上の20人に1人、70歳以上の10人に1人が緑内障に罹患していると推計されています。

緑内障では、視神経の障害により、ものを見る範囲(視野)が次第に狭くなりますが、中心を外れた部位から徐々に障害が進行するため、自覚症状として現れにくいのが難点です(実際、緑内障と診断された時には視野の欠損が非常に進行している場合があります)。残念ながら、障害された視神経の機能は回復しないため、一旦失われた視野は治療を行っても改善しません。

提供:参天製薬株式会社

このように緑内障は私たちの身近にある恐ろしい病気ですが、初期に診断された場合にはほとんど失明に至ることはありません。言い換えれば、如何に緑内障を早期に発見し、早期に治療を行うかが重要であり、40歳を過ぎ れば、何事がなくても一度は眼科を受診してみるべきでしょう。特に、近視の強い方、家系に緑内障発症者がいる方は統計学的に緑内障を発症しやすいとされているので注意しましょう。

当院眼科には、豊富な経験を積んだ緑内障の専門医が定期的に外来診療を行っています。ご心配な方は、ご予約の上、一度受診されることをお勧めします。また、自費とはなりますが、「眼科ドッグ」というスクリーニング検査プログラムを完全予約制で実施していますので、お時間に制約のある方はこちらのご利用を是非お勧めします。

3.網膜硝子体疾患

提供:参天製薬株式会社

網膜とは眼球の奥に存在する膜状の神経組織で、光を感じ取る働きを持っている点で、カメラのフィルムによく例えられます。その中心部には視細胞が集積し、ものを見る上で非常に大切な黄斑(おうはん)と呼ばれる組織がありますが、いろいろな原因で障害が起こります。

他方、硝子体とは眼球の内腔を占める透明なゼリー状の組織で、隣り合わせにある網膜との相互作用によって、「網膜硝子体疾患」と総称される様々な病気が起こります。

代表的な疾患は?
網膜血管の異常が原因で黄斑が障害されるものに、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症などがあり、網膜硝子体間の異常が原因で起こるものに、網膜剥離、黄斑前膜、黄斑円孔などがあります。
網膜硝子体疾患を疑う症状は?
黄斑部に障害が及ぶと、まっすぐなものが曲がって見える、ゆがんで見える(変視症)、中心部が見えにくい、などの症状が、網膜硝子体疾患の代表である網膜剥離では、黒いものが飛んで見える(飛蚊症)、急に部分的に見えにくいところ(視野障害)などの症状が出現します。糖尿病網膜症の場合、かなり進行しても全く自覚症状が見られないことがあるので、内科医の指示のもと、定期的に眼底検査を受けることが重要です。
網膜硝子体疾患で行う治療
病気の程度に応じて、現在、当院では以下のような治療を行っています。
網膜光凝固術:
特殊なレーザー光線を網膜に照射し、軽い火傷による瘢痕形成によって病気を改善します。糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔などの治療に用いられます。
VEGF阻害薬硝子体注射:
VEGFとはVascular Endothelial Growth  Factor(血管内皮増殖因子)の略で、体内に新たな血管を作り出す作用を持っています。加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫、糖尿病黄斑浮腫などでは、目の中でVEGFが多量に産生されているため、これを抑制する目的でこれを阻害する薬剤を注入します。
網膜硝子体手術:
網膜と硝子体はお互いが緩く接着していますが、強い癒着などがあると網膜剥離や網膜の皺襞形成を起こすことがあります。糖尿病網膜症に伴う硝子体出血、網膜剥離、黄斑前膜、黄斑円孔などでは、眼内に硝子体カッターを挿入して網膜硝子体間の癒着や異常な膜組織を除去する網膜硝子体手術が行われます。

4.ドライアイ

目の表面には栄養分として涙が分泌され、角膜や結膜を常に潤しています。ドライアイとは、この涙の量が減少する、あるいはその質が変化することで目の表面が不安定となって様々な症状を呈する疾患です。「目が乾く、目が痛い、重い、疲れやすい、ゴロゴロする、かゆい、かすむ、光がまぶしい、涙が止まらない。」など、これらはすべてドライアイの症状なのです。

テレビ、パソコンによる目の酷使、室内空調による湿度の低下、コンタクトレンズの長時間装用など、現代社会は目を乾燥させる要因に満ちあふれています。その意味で、ドライアイは現代病のひとつとされており、困っている方は全国に800万人以上いると推定されています。

提供:参天製薬株式会社

最近よく目が疲れる、何となく目が重いなどの症状はありませんか?ドライアイは膠原病などの全身の病気に合併して発症することもありますので注意が必要です。ドライアイにはその原因に応じた適切な治療法、治療薬があります。ご心配な方は一度当院を受診されてはいかがでしょうか。当院では、定期的に大学から招聘した専門医が外来を行っています。

5.近視

近視は日本をはじめとするアジア人に多いことが以前から知られています。特に最近は、パソコンやスマートフォンなどの普及による近業負荷の増加にともない、近視発症の低年齢化が進み、低学年から近視を発症する子どもが増加しています。

「近視」とは調節をしない状態で遠くを見たとき、網膜の前にピントが合う屈折状態で、遠くはボケますが近くは逆にはっきりと見えます。近視になる原因は、遠視性のボケによって目の前後方向(眼軸長)が長くなることがほとんどであり、その発症には遺伝因子と環境因子の両者が関与しています。

提供:参天製薬株式会社

しかしながら、最近の近視人口の急激な増加については、勉強、読書、テレビ、パソコン、コンピュータゲーム、タブレット端末やスマートフォンなどの近くを見る作業が多い生活様式が深く係わっていると思われます。したがって、近視の発症や進行を予防するために、(1)正しい姿勢で読書や勉強をする。(2)1時間くらい勉強をしたら、10分間くらい目を休ませる。(3)部屋の照明が明るすぎたり暗すぎたりしないように気をつける。などを励行し、目に負担をかけない生活を心がけることが大切です。

近年では、オルソケラトロジーや低濃度アトロピン点眼、遠近両用眼鏡の装用、戸外活動の奨励など、近視進行を抑える可能性のある方策がいくつか生まれつつあります。お子さまの近視が気になっている方は一度受診してみてください。

6.涙道疾患

涙腺から分泌された涙は、眼表面を潤した後、目頭にある涙点から涙小管、涙嚢、鼻涙管を経て鼻腔に排泄されます。涙道通過障害の代表である涙道閉塞症では、涙がうまく排出できないため、目がうるむ感じや涙があふれ出る症状(流涙症)が出現します。

提供:参天製薬株式会社

ただ、流涙症があると言っても、そのすべてが涙道閉塞症というわけではありません。「逆まつ毛」による眼表面への刺激、「結膜弛緩症(白目の粘膜が弛んだ状態)」による涙点の閉塞、ある種の抗癌剤の内服などでも「なみだ目」になることがあります。また、涙液の減る病気であるドライアイでも、眼表面の乾燥刺激によって逆になみだ目になることがあります。

なみだ目でお悩みの方は是非一度、当院眼科を受診ください。涙道閉塞の有無は涙道通水試験で簡単に確認できますし、他の原因が明らかになるかも知れません。涙道閉塞症に対しては涙道内視鏡を用いたシリコン製のチューブ挿入術が行われており、良好な成績を収めています。

7.斜視・弱視

幼い子供の目の代表的な疾患が斜視と弱視です。斜視とは、物を見ようと片目が正面を向いている時に、もう片目が違う方向を向いてしまっている状態です。子どもの約2%にみられますが、片方の目が外側あるいは内側に向いているので素人目にもすぐに判りますし、写真を見て「目の位置がおかしい」と言うことで発見されたりもします。斜視の原因は遠視(調節性内斜視)、両眼視の異常、眼球を動かす筋肉や神経の病気、視力不良などいろいろありますので、必ず眼科で診察を受けてください。

提供:参天製薬株式会社

もう一つの弱視とは、眼鏡やコンタクトレンズなどで矯正しても正常な視力が得られない目のことを言います。赤ちゃんは、一ヶ月位ではものの形が分かる程度ですが、3歳になると半分以上の子どもが1.0程度見えるようになり、6歳ではおとなと同じ視力になります。ただし、何かの原因でものが見にくい時期があると、視力の発達が止まってしまいます。

問題なのが遠視性不同視弱視です。この場合、遠視の強い方の目を使わないために視力の発達が遅れるのですが、もう片方の目がよく見えるので子供は不自由を感じない、そのために親も気がつかないという悪循環に陥っています。この意味で、三歳児健康診断における視力検査は極めて重要であり、片目の視力が不良な子供がしばしば見つかっています。上記の遠視性不同視弱視の場合でも、早期に発見して適切な処置を受けていただければ視力は必ず正常化します。

医師プロフィール

  • 大橋 裕一

  • 田坂 嘉孝

    専門分野:
    網膜硝子体疾患、白内障、眼科一般
    認定資格:
    日本眼科学会指導医・専門医
  • 篠崎 友治

    専門分野:
    眼科一般
    認定資格:
    日本眼科学会専門医
  • 細川 寛子

    専門分野:
    眼科一般
  • 非常勤

    白石 敦

    教授

    愛媛大学

    専門分野:
    角膜疾患
    認定資格:
    日本眼科学会指導医・専門医
  • 非常勤

    溝上 志朗

    准教授

    愛媛大学

    専門分野:
    緑内障
    認定資格:
    日本眼科学会指導医・専門医
  • 非常勤

    原 祐子

    准教授

    愛媛大学

    専門分野:
    角膜疾患、アレルギー
    認定資格:
    日本眼科学会指導医・専門医
  • 非常勤

    鎌尾 知行

    講師

    愛媛大学

    専門分野:
    ドライアイ、涙道疾患、小児斜視弱視
    認定資格:
    日本眼科学会専門医
  • 非常勤

    浪口 孝治

    助教

    愛媛大学

    専門分野:
    緑内障
    認定資格:
    日本眼科学会専門医
  • 非常勤

    坂根 由梨

    愛媛大学

    専門分野:
    角膜疾患