当院について

理念

  1. 患者様を中心とした安心で温もりのある医療を実践します。
  2. 高度で良質な医療を行って、地域社会に貢献します。

基本方針

  1. 全人的医療を目指す。患者様の知る権利、自己決定権およびプライバシーを尊重した医療を行う。
  2. 常に新しい技術と医学的知識の吸収に努める。
  3. 高い倫理観に基づいて医療活動を行う。
  4. 安全で快適な医療環境整備を目指す。
  5. 病診連携、病病連携構築に努めて、地域医療に貢献する。

院長挨拶

檜垣實男院長

南松山病院は昭和49年に松山の南、国道33号線沿いに設立されました。以来今日まで、地域の皆様に信頼される医療機関となるべく「患者様中心の安心で温もりのある医療を実践し、高度で良質な医療を行って地域社会に貢献する」という理念の下に、医療活動を行ってきました。職員一同、温いいたわりの心を大切に、患者様に学び、誠意と心くばりをもって、日々の医療活動に励んでいます。「説明と同意」を基本に、患者様の「自己決定権」を尊重し、守秘義務を尊守して、安全で安心な医療を実現します。地域の皆様に愛され信頼される病院、人生100年時代において皆様の健康と生活を守る病院として、頼りにされる “グッドホスピタル” を目指しています。

院長  檜垣  實男

病床数

一般病床162床・療養病床80床・人工透析センター100ベット

施設認定

  • 愛媛大学臨床研修協力施設
  • 日本腎臓学会研修施設
  • 日本泌尿器学会専門医教育施設
  • 日本眼科学会専門医教育施設
  • 日本透析医学会認定施設
  • 日本アフェレシス学会認定施設
  • 日本外科学会外科専門医制度関連施設
  • 日本消化器外科学会専門医指定修練施設(関連施設)
  • 大腸がん検診精密検査実施医療機関
  • 愛媛大学医学部関連病院
  • 岡山大学医学部関連病院
  • 救急告示病院
  • 日本外科感染症学会外科周術期感染管理教育施設認定
  • 日本整形外科学会専門医研修施設